ファーストライナー株式会社は、多様化する物流ニーズに人材教育を通じて貢献します。

ISO9001認定取得企業

一般貨物自動車運送事業・貨物利用運送事業

事業許可番号(関自貨2第3177号)

ISO9001 JAB Gマーク グリーン経営

事業理念Our Philosophy

多様化する物流アウトソーシングにお応えし、人材教育を通じて、地域社会の発展に貢献する

総合物流サービス

大切なお荷物を、安全・迅速・確実にお届けします

製造業や流通業の規模の大きな企業ではSCM(サプライチェーンマネジメント)が広く浸透しつつありますが、企業規模の大小を問わず在庫管理は非常に重要な経営課題となってきています。従来のように売上見込みを基準として在庫を確保するのではなく、出荷動向に合わせて在庫を補充していく方式に変わってきているのみならず、顧客から受注を受けてから生産する受注生産方式も増えてきています。在庫に関わる無駄を排除するという観点から、倉庫自体を外部委託する企業も増えてきており、倉庫会社のみならず、運送会社が在庫管理から運送までをトータルで請負う機会も増えてきています。このような時代の変化に伴い荷主企業と運送会社(及び倉庫会社)はより密な連携が求められており、全日本トラック協会が「JTRN(ジェイトラン)」と呼ばれる物流EDI(※)を整備するなど、インターネットに代表されるICT(情報通信技術)の飛躍的発展に乗じたインフラ整備も進んでいます。

※EDI … 商取引に関して取り交わされる情報(受発注、見積り、決済、入出荷など)の書式を定型化し、企業間で電子的に交換する仕組み。

運送会社の必要性は高まっているものの、規制緩和の影響もありトラック輸送業界は新規参入や廃業が多い競争の激しい業界でもあります。ドライバーの過労運転や過積載によるトラック事故がニュースに取り上げられたりもしており、トラック運送に対する安全を不安視する声も増えてきました。そのような中、平成21年に国土交通省が「事業用自動車総合安全プラン2009」をまとめるなど政府レベルでの安全対策の動きも加速してきています。
時代は変わり、荷主様のニーズも運送会社のおかれた立場も変わってきてはいますが、当社にとって運送事業が創業以来の中核事業であることに変わりはありません。荷物を「迅速」かつ「安全」に目的地にお届けし、荷主様の「安心」に裏打ちされた「満足」を得られるよう精進することは、変わることのない当社の基本理念であり、存在意義だと考えています。

運送事業を支える事業、社員・スタッフの人材育成に注力

  • ホリデー車検水戸
  • 情報コンサルティング
    総合人材サービス
  • 高品質の梱包
    運搬と家具据付け

私たちは単に企業発展や、生活向上だけのために働くのではなく、貴重な人性を共に歩む者同士として相互に啓発し合って豊かな人間性を養いながら社会に貢献していきます。お客様に満足していただけるサービスの提供なくして、企業の存在はありえません。お客様に喜んでいただけることを使命としコスト低減に工夫を凝らし「安全」「迅速」「確実」「マナー」を基本とし業務を推進していきます。
 その企業が存続し発展しつづけることにより、ファーストライナー㈱にかかわっている多くの方々に対する責任を果たすべく、一人一人が輸送のプロとして常に問題意識をもって行動しつづけます。

品質方針 | 安全方針 | 品質目標

#エコドライブ10箇条#

  1. 第1条

    アイドリングをしない

    コンビニやトイレのわずかな時間もアイドリングづトップ

  2. 第2条

    空ぶかしはしない

    騒音抑制と燃費効率を考えた走行を心がける

  3. 第3条

    急加速しない

    スタートする時アクセルはゆっくりふんわりと

  4. 第4条

    急減速しない

    燃費効率の良いエンジンブレーキで早めの減速

  5. 第5条

    過積載しない

    荷崩れ防止と燃費効率の悪化を防ぐ

  6. 第6条

    スピードをあげない

    速度50km = 燃費1速度70km = 燃費1.3速度90km = 燃費1.55

  7. 第7条

    一定速度を維持

    速度ムラのない走行を心がける

  8. 第8条

    タイヤ空気圧チェック

    事故防止と低圧走行燃料の消耗を抑制

  9. 第9条

    定期的な車両整備

    フィルターなど整備をまめに行う

  10. 第10条

    道路状況の事前チェック

    渋滞を避け目的地までスムーズに

TOPへ戻る

ファーストライナーの特徴と強み